2015年11月30日

今後の鑑賞予定

どれぐらい見に行けるだろう・・・
1月からはいつもの【未体験ゾーンの映画たち 2016】(公式)もあるし・・・

12/04:007 スペクター 公式
12/04:I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE 公式
12/12:COMET/コメット 公式
12/19:マイ・ファニー・レディ 公式
12/25:完全なるチェックメイト 公式
2016/01/08:クリムゾン・ピーク 公式
2016/01/08:フランス組曲 公式
2016/01/15:パディントン 公式
2016/01/16:白鯨との闘い 公式
2016/01/23:エージェント・ウルトラ 公式
2016/01/30:ブラック・スキャンダル 公式
2016/02/12:スティーブ・ジョブズ 公式
2016/02/?:虹蛇と眠る女 公式
2016/02/05:オデッセイ 公式
2016/02/27:ディバイナー 戦禍に光を求めて 公式
2016/03/?:マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章 公式
2016/03/25:バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 公式
2016/04/?:ボーダーライン
2016/04/23:ズートピア 公式


posted by 哀生龍 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 見たい作品の覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

読み終わった本「バリ3探偵 圏内ちゃん」

バリ3探偵 圏内ちゃん
七尾 与史 (著), けーしん (イラスト)

(新潮文庫nex)

相棒が買った本。
何が怖いって、ネット世界に知らず知らずに打ちに個人情報を漏らしてしまっている、日常の何気ない行動の実情。
自宅で人と会話せずに稼げる圏内ちゃんが羨ましい。
家から一歩も出ずに、面倒な他人との会話もせずに、自分のペースで生活できるなんて・・・
この本の代わりに、相棒には哀生龍が以前買った「ドS刑事 七尾 与史 (著)」3冊を貸した。




posted by 哀生龍 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽とか本とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

読み終わった本「七時間半」

七時間半
獅子 文六 (著)

(ちくま文庫)

相棒が買った本。
1960年の作品だということで馴染みの薄い文体(言葉遣いやカタカナ遣い)があったのと、関西弁(大阪弁)も多く出てきたのとで、少々読みにくく感じる部分はあったが、物語は面白かった。
東京と大阪を7時間半で結ぶ特急の車内で起きる、恋愛模様と総理暗殺計画の噂を中心とした、コメディ。
当時の国鉄の特急で働く食堂車の人々や接客係の女性乗務員のことが良く分かって、そんな部分も興味深く読めたよ。




posted by 哀生龍 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽とか本とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

読み終わった本「バチカン奇跡調査官 悪魔達の宴」

バチカン奇跡調査官 悪魔達の宴
藤木 稟 (著)

(角川ホラー文庫)

このシリーズを読むことになったきっかけは、カバーイラストがTHORES柴本だったこと。
そして、バチカンの神父コンビである主役の平賀とロベルトのキャラが気に入ったことと、神の奇跡や神秘を“科学的に”解き明かしていくところが気に入って、新刊が出るたびに読んでしまう。
謎を解いて犯人逮捕というタイプのサスペンス物とは違って、毎回すっきり解決とは行かないが・・・
今回は、悪魔憑きや悪魔の呪いなどが物語の中心。




posted by 哀生龍 at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽とか本とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

読み終わった本「四季 冬」

四季 冬
森 博嗣 (著)

(講談社文庫)

作者は、どの次点で四季と周りのキャラたちとの関係と、それぞれのシリーズの構成を、構築したのだろうか?
先の先の先まで見越して複数のシリーズを書いていかないと、こんなに複雑だがすっきりした構図にはならないと思う。
四季や犀川の頭の中や精神構造よりも、作者である森博嗣の頭の中を見てみたい(笑)




posted by 哀生龍 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽とか本とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

読み終わった本「四季 秋」

四季 秋
森 博嗣 (著)

(講談社文庫)

今回は、四季の話しはもちろんだが、周りの人々の複雑な関係性を・・・
改めて、絡まりあう糸をほぐして整理してくれたような印象があった。




posted by 哀生龍 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽とか本とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

読み終わった本「四季 夏」

今月から、読み終わった本のことも書いておくことに。

四季 夏
森 博嗣 (著)

(講談社文庫)

『四季 夏 The Four Seasons Red Summer』は、森 博嗣の『すべてがFになる The Perfect Insider』等の登場人物“真賀田四季”に関する物語の2作目。

森 博嗣の作品は作者が理系(工学博士)ということもあって、哀生龍好みの理系推理小説なので、全部ではないがかなり読んでいる。
『すべてがFになる The Perfect Insider』を読んだのは何年も前だが、『四季』のシリーズを読んで改めてすっきり理解できた部分があり、後2冊を読むのも楽しみだ!




posted by 哀生龍 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽とか本とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今後の鑑賞予定

もう11月か・・・・

11/06:ミケランジェロ・プロジェクト 公式
11/07:クライムスピード 公式
11/14:コードネーム U.N.C.L.E. 公式
11/14:ムーン・ウォーカーズ 公式
11/14:ラスト・ナイツ 公式
11/20:Re:LIFE〜リライフ〜 公式
11/21:リトルプリンス 星の王子さまと私 公式
11/27:黄金のアデーレ 名画の帰還 公式
12/04:007 スペクター 公式
12/04:I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE 公式
12/12:COMET/コメット 公式
12/19:マイ・ファニー・レディ 公式
12/25:完全なるチェックメイト 公式
2016/01/08:クリムゾン・ピーク 公式
2016/01/15:パディントン 公式
2016/01/16:白鯨との闘い 公式
2016/01/23:エージェント・ウルトラ 公式
2016/01/30:ブラック・スキャンダル
2016/02/?:スティーブ・ジョブズ 公式
2016/02/05:オデッセイ 公式
2016/03/?:マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章 公式
2016/03/25:バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 公式
posted by 哀生龍 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 見たい作品の覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする